スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




     

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

炒めタマネギ

2005.07.24(00:00)
炒めタマネギ

「なんでこんな事してしまったんだろう・・・」

と後悔しても仕方がない。どんなに辛くても自分で始めた事は責任もって終わらせなければいけない。大人にはそういう時がある・・・

タマネギを炒める事にした。しかもたくさんのタマネギをあめ色になるまで。

よく「タマネギをあめ色になるまで炒める」と書かれたレシピがある。しかし実際に作ってみると炒めるのがめんどくさくなってタマネギがしんなりしたら「まぁこれでいいや。」ってなってしまうのが世の常だ。

けど「タマネギの甘みを引き出すのが秘訣」みたいな事を書かれると、そういう妥協ばかり繰り返していていいのかと軽い自己嫌悪におちいったりする。

という事でどうせめんどくさいならいっぺんにたくさん作っておいて冷凍して使おうという結論に至ったわけです、はい。

ちなみに使用したのはタマネギ18個。

タマネギ

ちなみに後悔したのは作り始めてすぐ。お約束ですが目が痛い・・・。ちなみに全てスライスし終わるのに1時間位。

鍋 

そしてこの鍋2杯分位のタマネギを炒める。

二つ目の後悔はこの猛暑。つくり始めたのが昼1時。せめてもうちょっと涼しい日か、夜涼しいときにすれば良かった・・・

タマネギから出てくる水分がすごくて炒めるというより煮ているといった感じに。2時間くらい炒めたらあめ色になるかなと思っていたんだけど2時間たっても全然変化なし。ひたすら混ぜる。

そして4時間経過時手首に激痛が・・・ 

ものすごい猛暑の中、痛みをこらえ、汗だくになりながらひたすら混ぜ続ける。という事で6時間経過後見事なペースト状の炒めタマネギが完成。ちなみに出来たの1.5キロくらいでした。

それにしても1日の4分の1の時間もタマネギ炒めててんなー。

炒めタマネギ

■材料■

タマネギ・・・たくさん

■作り方■

1.タマネギを薄切りにし鍋であめ色になるまで弱火で炒める。焦がさないように。
 
レシピ化するとこのようにいかにも簡単になってしまう所が恐ろしいところです。

ちなみに世の中にはこういう便利なものが売っているようです。絶対にこちらをお勧めします。 

炒めたまねぎ
炒めたまねぎ

スポンサーサイト




     

| ホームへ |
プロフィール

つじ

Author:つじ
めざせケンタロウ!グッチ裕三!キム兄!

ブログ内検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。