スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




     

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

タイ風グリーンカレー

2006.05.20(18:15)
タイカレー

先週の母の日にスーパーに行くと「母の日はカレー」という事で店頭はカレー一色。見事に洗脳され無性にカレーが食べたくなってしまいました。

このまま素直にカレーを作ってしまうとスーパーの作戦勝ちみたいで少し悔しいので少しひねってタイカレーを作ることにしました。痛み分け。

普通のカレーも欧風カレーもインドカレーも死ぬほど大好きという僕はタイカレーももちろん大好きです。

タイカレーって作ったことある人はわかると思うけどびっくりするほど簡単にできてしまいます。まぁ市販のペースト使ってるからなんですが・・・

タイカレーといえばレッドカレーとグリーンカレートがありますが、どっちに何の具を入れるのが正しいのかは良く知らないのでいつも冷蔵庫をほじくり返して適当に入れて作ります。

カレーにつき物のタマネギをあめ色になるまで炒めるなーんて事もしなくていいからあっという間にできてしまう。夏にぴったりなメニューじゃないでしょうか。

タイ風グリーンカレー

■材料■

グリーンカレーペースト・・・1袋
ココナツミルク・・・1缶
鶏もも肉・・・350g
ナス・・・4本
たけのこ・・・150g
ピーマン・・・1個
水・・・200cc
鶏がらスープの素・・・大さじ1
バジル・・・適量※今回は使ってません
砂糖・・・大さじ1
ナンプラー・・・大さじ2
サラダ油

■作り方■

1.ナスは皮をむき一口大に切る。たけのこ、ピーマンは細切りにする。
2.フライパン(中華鍋)にサラダ油とココナツミルクの固まっている部分を入れて火にかける。煮立ったらカレーペーストを入れ良く炒める。
3.1口大に切った鶏肉を加えて炒める。
4.水、鶏がらスープ、残りのココナツミルクを入れて煮立ったらナス、ピーマン、たけのこを入れてなすが柔らかくなるまで煮る。
5.砂糖、ナンプラーを加え味を整える。バジルを加える。

もちろんご飯と食べてもいいですがわが家では素麺と一緒に食べたりもします。意外とおいしい。

ピーマンは赤ピーマンを使ったほうが彩りがきれいでよさそうですね。辛いのが好きな人はししとうでどうぞ。

スポンサーサイト




     

カレーパン

2006.03.21(09:19)
カレーパン

「カレーパン」と言えば周りにパン粉がついて揚げられた物が王道なんでしょうが今回のカレーパンはちょっと違う。写真を見れば一目瞭然。バウルーで作ったカレーホットサンドです。略してカレーパン。自宅で簡単にカレーパンを作れます。

多分日本人の大部分の人がそうだと思うけど、僕も例に漏れず大のカレー好き。ホントカレーってうまい。愛してやみません。

しかし今ではまぁ当たり前のカレーパンだけど。初めてカレーをパンに入れようと考えた人ってめちゃめちゃカレーが好きだったんだろうなー。カレーを肉まんに入れた人とか・・・

という事で残り物のカレーに飽きたら趣向を変えて作ってみたらいかがでしょうか。まぁカレーに飽きる事って絶対無いと思いますが。

カレーパン

■材料■

食パン(8枚切り)・・・2枚 ※今回は5枚切りを半分に切って使用
マーガリンかバター
カレー・・・適量
とろけるチーズ・・・適量

■作り方■

1.パンの間にカレー、とろけるチーズをはさむ。
2.マーガリンかバターを外側にぬってバウルーにはさむ。
3.両面がいい焦げ色になるまで焼く。

欲張ってカレーを入れすぎるとはさんだ時にはみ出してしまうので注意。

今度は豪華にカツカレーパンとか作ってみたいなー。





     

水菜のナムル

2006.02.28(09:15)
水菜のナムル

嫁の実家に帰ると野菜をよくいただきます。この場を借りてお礼。いつもありがとうございます。

嫁のおばあちゃんや親戚の方は畑で野菜を作っていて、それを嫁の実家が頂いたものをまたまたわが家におすそ分け頂いております。もちろん旬の野菜。おいしくいただいております。

で今回いただいたのは水菜。それもめちゃめちゃビッグサイズ。でっかい白菜よりでかいくらいでかい。僕もそんな都会育ちでもないんだけど、恥ずかしながら水菜といえばスーパーで売っている状態でしか見たことがなかったのであまりの大きさにホント驚きました。

鯛のあら鍋等鍋に入れたり、平天と一緒に炊いたり、オリーブオイルでソテーしたり、味噌汁の具にしたり・・・色々と思いつく水菜料理を食べまくっていたんだけどいっこうになくならない。それくらいでかい水菜。おそるべし。

そのうえ嫁がまた広島の育児友達から水菜をいただいてくる始末。嬉しいけどなんとも複雑な心境・・・こんな気持ちじゃ作ってくれた方々と水菜に申し訳が立たない。

という事でネットや本を色々探して作った新レパートリーが今回作った水菜のナムルです。見つけた瞬間「これだっ!」って思いました。今まで思いつかなかった事が不思議な位。ミズナノナムル。おいしそうです。

しかもナムルっておひたし同様ゆでて絞って調味料とあえるので一気に体積ダウン。相当な量の水菜を一気に消費できそうです。よかったよかった。

水菜のナムル

■材料■

水菜・・・1把

<A>
鶏がらスープの素・・・小さじ1
しょうゆ・・・小さじ2
すりゴマ・・・大さじ1
塩・・・少々

ごま油・・・小さじ2

■作り方■

1.鍋に湯をわかし塩を入れて水菜をさっとゆでる。冷水にとりさまし固く絞る。
2.3-4cm位に切りもう一度しっかり絞りボウルに入れる。
3.Aの調味料を入れてよく混ぜ合わせる。
4.ごま油をいれよく混ぜる。

めちゃめちゃ簡単。めちゃめちゃおいしい。ご飯にめちゃめちゃよく合います。

ほうれん草、ぜんまい、もやし、きゅうり、にんじん・・・今まで色々なナムルを作ってきましたが、歴代ナムルの中でもトップクラスのおいしさ。そして歴代水菜料理でもトップクラスです。是非お試しあれ。





     

サムギョプサル

2005.11.28(00:00)
サムギョプサル

サムギョプサルがどれくらい知名度があるかはよく知らないんだけど要するに豚バラ肉の焼肉です。塩+ごま油のタレでいただきます。

名前からもわかると思いますが韓国の料理。韓国の焼肉という事でチシャに肉、野菜、キムチ・・・色々巻きながら楽しくヘルシーに食べれます。韓流焼肉最高です。

我が家では嫁様が韓国に旅行に行ったときに食べてきて以来どっぷりとはまっています。僕は家でしか食べた事ないんだけどどっぷり。牛肉の焼肉よりしょっちゅうしてるかも?豚バラ肉の方が安いしね。

ルッコラ

とれたてのルッコラのスプラウトをのせて。今回はエゴマがなかったのでゴマつながりという事でゴマの香りのルッコラ。つながってないなー。

キムチ

キムチのせ。定番ですね。

ご飯

締めくくりはご飯+キムチ。

自分でまいて食べる料理は色々と組み合わせ考える楽しみとかがあって楽しいですよね。手巻き寿司も大好き。実家にかえると必ず食べてる気が・・・

特別な材料は何もいらないので焼肉のレパートリーにいかがでしょうか?豚バラ肉安いしね。

サムギョプサル

■材料■

豚バラ三枚肉・・・適量 ※薄切りではなく厚目のスライスの物かブロックをスライスして使う
ごま油・・・適量
塩・・・適量
コショウ・・・適量

チシャ・・・適量
大葉・・・適量
キムチ・・・適量
かいわれ大根・・・適量
ルッコラのスプラウト・・・適量
コチュジャン・・・適量
 
  一緒に食べる野菜はサニーレタスでもエゴマの葉でも白髪ネギでもさらしタマネギでも一緒に焼いたにんにくでもどんなスプラウトでもなんでもありです。

■作り方■

1.付け合せの野菜を準備する。
2.肉を焼く。肉をのせて半面に塩コショウをする。
3.小皿にごま油、塩、粗引き黒コショウを混ぜタレと作る。
4.チシャに大葉をのせタレをつけた肉、野菜、コチュジャン等をお好みで巻いて食べる。

我が家では焼肉する時はカセットコンロ用の焼き肉グリルを愛用しております。

イワタニ カセットフー専用 焼き肉グリル
焼き肉グリル





     

チキンカレー

2005.07.31(00:00)
チキンカレー

「一番美味しいのは家のカレー」

って言われる事が良くある。確かに家のカレーは最高だ。翌朝のカレーなんてたまらなく旨い。けど実際に「一番美味しいカレーは?」って聞かれたら僕は相当迷ってしまうと思う。

ベタなジャガイモ入りのカレーも、少しリッチな欧風カレーも、スパイシーなインドカレーも、タイカレーもカレーうどんもカレーせんべいも全部大好き。ご飯と食べても、ナンと一緒でも、オムレツとでもそうめんとでも、なんだったら何も無くても全部大好き。甲乙つけ難いよ。

しかし究極の父ご飯を志す者としては当然自分の家族には「父ちゃんのカレーが一番」って言われたい。

という事で今日のカレーは、色々なカレーのいいとこどり。カレールーで作るカレーも、カレー粉と小麦粉をいためて作る欧風カレーも、スパイスの味を引き出すインド風カレーも大好きだから、カレールーもカレー粉もいろんなスパイスも全部使って作ります。日本、ヨーロッパ、インドの各国代表が集まって雰囲気カレーワールドカップ。カレー万博って書いたほうが美味しそうかな?

子供の頃母親と一緒に作った事。小学校の時、家庭科の時間や林間学校で作った事・・・カレーの思い出って色々あるよなー。ツジウラ家では母の日に兄弟3人でカレーを作るのが恒例でした。きっと母キヨ子にとっては最高に美味いカレーだったんだろうなぁ。自画自賛やけど。カレーに歴史あり。カレーと出会えて本当によかったと思うよ。

という事で今日はカレーサミットです。

チキンカレー

■材料■
 
鶏骨付き肉・・・1kg
クミンシード・・・小さじ1/2
にんにく(みじん切り)・・・大さじ1
しょうが(みじん切り)・・・大さじ1
炒めタマネギ・・・120g ※ない時はタマネギ3個をあめ色になるまでよく炒める
カレー粉・・・大さじ2.5

[A]
ローリエ・・・1枚
コリアンダー(粉末)・・・大さじ3
カイエンヌペッパー・・・小さじ1/2
黒コショウ(粉末)・・・小さじ1/2
カルダモン(粉末)・・・小さじ1
チリパウダー・・・大さじ1.5

ホールトマト・・・1缶
チキンスープ・・・2カップ(水2カップ+鶏がらスープの素大さじ1)
カレールー・・・80g
マンゴーチャツネ・・・大さじ1
ガラムマサラ・・・大さじ1

コショウ
強力粉
サラダ油
ターメリックライス(米3合に対してターメリック小さじ1入れて炊く)

■作り方■

1.鶏肉に塩コショウをし強力粉をまぶす。フライパンにサラダ油をいれ表面に焼き色がつくまで焼く。
2.厚手の鍋にサラダ油180mlとにんにく、しょうが、クミンシードを入れて火にかける。香りが出たら炒めタマネギとカレー粉をくわえる。
3.弱火にし[A]のスパイス(ローリエ、コリアンダー、カイエンヌペッパー、黒コショウ、カルダモン、チリパウダー)をゆっくりと油になじませるように炒める。
4.実を粗くきざんだホールトマトを入れる。一煮立ちしたら10~15分煮る。
5.①の鶏肉とチキンスープを入れて20分煮る。
6.カレールーを入れて蓋をし30分煮る。
7.塩で味を整え、マンゴーチャツネを入れる。小鍋にサラダ油大さじ2とガラムマサラを入れ火にかけて煮立たせたものを入れ混ぜる。
8.ターメリックライスと一緒に盛り付ける。 

材料が色々と多くて一見難しそうだけど、要するに普段のカレーにスパイスを沢山入れたようなものです。という事で手間はふつうのカレーを作るのとほとんど変わらないと思います。野菜むかなくていい分楽かも。簡単です。

ちなみに美味しく作る秘訣はしっかりとタマネギを炒める事です





     

| ホームへ |
プロフィール

つじ

Author:つじ
めざせケンタロウ!グッチ裕三!キム兄!

ブログ内検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。