スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




     

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

萬歳楽 加賀梅酒

2005.08.29(00:00)
梅酒

梅酒って美味しいよなー。

昔々まだ若かった頃は、男が甘いお酒を飲むのはかっこ悪いことという風に思っていたので梅酒が好きな事内緒にしてたんだけど、今なら胸を張って言えるよ。「俺は梅酒が大好きだー!!」ってね。大人になったんだなって思う。

という事で先日仕込んだ梅酒は来年の6月頃まで飲み頃にならないので梅酒買いに行きました。

選んだ梅酒は萬歳楽「加賀梅酒」という一品。実は先日までこの梅酒の事知らなかったんだけど、日経新聞に載っていた梅酒ランキングで堂々の1位を獲得。ランキング1位とかに弱いのは昔からです。

記事によると、梅のへた取りからつけ込みまで全て手作業。醸造アルコールと白山伏流水を使用している。洗練された飲み口が特徴。13人の専門家のうち最多の9人が推した。「干しアンズやシナモン、べっこうアメのような香味がある。」「ほんのりした苦味もありバランスがよい。」複雑な要素が調和した味が評価され出荷量も増えている。だそうです。何か凄そう?

と専門家はうまい事説明するけど残念ながら僕は上手に説明できませんのでとにかく美味い!という事で。まぁ百聞は一見にしかずということで是非試してみてください。

加賀梅酒

ソーダ割りでいいんだろうか?

スポンサーサイト




     

レストラン・キハチ

2005.08.28(00:00)
キハチ

今日は夏の思い出の話。夏休みボケがいまだ抜けないよ。

たまには美味しい物を食べに行こうという事で嫁と二人でレストラン・キハチに行ってきました。実家に娘を預けて年甲斐も無く(?)デートです。

せっかくなら色々食べたいということで別々のコース頼んで皿交換しまくり、写真取りまくりと好き勝手してきました。あー楽しかった。

という事でコース紹介。両コースとも前菜3品+魚+肉の5品。もちろんデザートもね。以下ほぼ自慢です。

ディナースペシャルコース 10,500円

はも
鱧の湯引き 子持ち昆布、トマトジュレのせ

サラダ仕立て
焼き帆立貝と梨・巨峰・グリーンアスパラガスのサラダ仕立て トーフソース
トーフソース本当に美味しかった。豆腐、練りゴマ・・・どう作るんやろ?

オマール海老
ぶつ切りオマール海老のスパイス焼き
熊谷喜八らしくスパイスを使った料理を楽しみにしていったので本当に堪能しました。最高。

いさき
イサキのポワレ アンチョビ・オリーブのタップナードソース


フィレ
ジューシーに火を通した特選牛フィレ肉のグリル 山椒風味
 
桃
桃のデザート
料理名書いた紙なくしてしまいました。痛恨。カンパリ風味のシャーベットと完熟桃のデザート、上にのっているのがパッションフルーツの種・・・適当です。

シェフズスペシャルコース 15,750円

生うにのパスタ
生雲丹とキャビアの冷たいパスタ オクラソース
「せいうんたん?」嫁は雲丹をうにと読めない事が判明しました。

フォアグラ
フォアグラと完熟桃のグリエ フランポワーズ・バルサミコソース
果物を使った料理でこんなに美味しいと思ったの初めてでした。びっくりした。

フリット
アワビとオマール海老のフリット 香味パン粉添え

赤アマダイ
赤甘鯛のポワレ 枝豆ソース
カリッカリに焼き上げてある鱗が最高にグロテスクで最高に美味しかった。

ロース
和牛ロースと松茸のグリエ 柚子胡椒風味

メロン
メロンのデザート

これも料理名紛失。メロンのスープ、ココナツミルクのアイスクリームといった感じ。

ワイン
ワイン
 
もちろん高いほうが嫁の食べたコースです。ワインその他飲み物入れて総額45000円位。嫁のご機嫌も最高潮に達していました。

熊谷喜八氏のレシピは本屋で何度も立ち読みした事はあったんだけどこれは作れへんなーと思って一冊も持っていませんでした。しかしせっかく作れなくても記念に買ってみようかなーという気持ちに。しかし本も高い。4冊で1万円!

KIHACHI四季のレシピ集 (1) 春
KIHACHI四季のレシピ集 (2) 夏
KIHACHI四季のレシピ集 (3) 秋
KIHACHI四季のレシピ集 (4) 冬

夏の夜の甘い思い出、ひと夏の思い出的な素敵な夜でした。

しかし高い外食というのは嫁の機嫌の為には父ご飯とは比べ物にならない位効果アリ!

当たり前なんだけど少しさびしいような・・・とくじけていても仕方ないので今日ぐらいから父ご飯作りも再開です。乞うご期待。





     

夏の終わり

2005.08.22(00:00)
hanabi

夏が終わった。

正確に言うと夏休みが終わっただけなんだけど、とにかく楽しかった夏は終わりを告げ文字通り残暑だけが残る。皆さんお元気ですか?

という事で久々のブログ更新。ほとんど実家に帰っていただけなので料理といえば友人の家で鍋開きをした時に作ったキムチ鍋だけ。8.16鍋開き。今までの人生の中で一番早い鍋開きでした。写真とっとけばよかった。

まぁ色々食べに行ったり、色々買い物したり(買ってもらったり)したのでぼちぼち更新していきます。

早く正月休みこないかなー。





     

夏休みも父ご飯

2005.08.13(00:00)
中華

今日から夏休み。怒涛の9連休。あー夏っていいなー。

ほとんど実家に帰っているのでしばらく父ご飯出来ないかもしれませんが・・・夏休み版父ご飯。食べて食べて食べまくり。夏を食べつくそう!

まずは神戸の中華街でお買い物。キヨ子と一緒に行くので色々と食材たかる気満々です。老祥記でぶたまん食うぞー。

BBQ説浮上。さすがにこの季節はきつくないかい?

そして実家に娘を預けてレストラン・キハチでディナー。スターウォーズも見ます。雰囲気デート。

ツジウラ家勢ぞろいのお食事会もありつつ・・・

しかし張り切りすぎて毎年2~3キロふとるんだよなー・・・





     

ビシソワーズ

2005.08.07(00:00)
ビシソワーズ 

最近、ブログを書いていると「暑いときはやっぱりこれ・・・」なんていうフレーズばかり思いつきます。暑い。とにかく暑い。

地球の温暖化が進んでいるのか、それとも自分の体がなまってきているのか、はたまたその両方か良く分からないけど・・・昔ってこんなに暑かったかなぁってよく思います。太っただけという説もありますが・・・

なんて愚痴っぽくなりましたが、暑いときはやはり冷製スープ。なかでも見た目も涼しげなビシソワーズなんていかがでしょうか。

名前は非常にお上品で難しそうなんですが(ヴィシソワーズと書くと難易度雰囲気3割増し)実はめちゃめちゃ簡単。フードプロセッサーにかけるという工程さえ我慢すれば幸せな晩餐間違いなしです。 

沢山作って冷蔵庫に冷やしておくと「よかったー」と思うことがあるかも?

ビシソワーズ

■材料■ 
 
ジャガイモ・・・3個
タマネギ・・・1/2個
バター・・・大さじ1
水・・・300cc
チキンコンソメ・・・小さじ2
牛乳・・・300cc

コショウ
生クリーム・・・50cc
あさつき・・・適量 
※パセリ、ディル等青いものなら何でも可。ちなみに今回は青ねぎ使用。

■作り方■

1.タマネギは薄切り、ジャガイモはいちょう切りにする。ジャガイモは水にさらしておく。
2.鍋にバターを溶かしてタマネギをしんなりするまで炒める。ジャガイモをいれ炒める。
3.水、コンソメを入れてジャガイモが柔らかくなるまで10分くらい煮る。
4.荒熱を取ってフードプロセッサー(またはミキサー)にかける。
5.鍋に戻し牛乳を加え、塩コショウで味を整え冷やす。
6.生クリームを加えて器にもり、あさつきをのせる。 
 
昨日は一緒にサラダ、パスタ、ガーリックトーストを作りましたがガーリックトーストはフリーマン・ジミーさんのブログを参考にさせていただきました。

今まで自宅で作っていた適当ガーリックトーストとは雲泥の差。これからはこのレシピを定番にさせていただきます。





     

ローストビーフ

2005.08.06(00:00)
ローストビーフ

男の料理は豪快さが必要不可欠です。そして豪快といえば塊の肉。塊の肉でつくる料理といえばこれしかないでしょ。 

今回は塊の肉をドカンと焼いちゃうローストビーフです。作ろうと決めただけで少しテンションあがってしまうのは僕だけ?

実はこんなごちそう作る気もなかったんですが近所のスーパーで普通に買い物をしていると肉売り場に異様な物体が・・・

なんとそこには近所のスーパーには似つかわしいようなサーロインの塊が!値段も破格の1.6キロで1280円(グラム80円)で2度びっくり!

すごいぜオージー!!オージービーフ!!

ところでローストビーフと言えばホースラディッシュ(西洋わさび)。最近はチューブ入りも売っているようですがこれだけは絶対にかかせません。たっぷりつけて食べましょう。
 
ローストビーフ

■材料■ 

牛肉(サーロイン又はもも)・・・800g
タマネギ・・・1個
にんじん・・・1本
セロリ・・・1本
にんにく・・・1かけ

コショウ
サラダ油

<ソース>
赤ワイン・・・100cc
水・・・50cc
デミグラスソース・・・大さじ2

コショウ

■作り方■

1.肉は形を整えてたこ糸でしばり、強めの塩・コショウをすり込む。
2.野菜は粗く切る。
3.フライパンにサラダ油を熱して、肉の表面にしっかりした焦げ目をつける。
4.天板に2の野菜とつぶしたにんにくを敷いて肉を置き、上からサラダ油を少々かける。
5.220℃~230℃に熱したオーブンにいれて30分~40分焼く。途中時々下にたまった油をかける。
6.肉の中心に金串をさしてみて5~6秒で抜きくしが生暖かくなっていればミディアム。
7.焼きあがったらアルミホイルに包んで15分位おき肉汁を落ち着かせる。

<ソース>
1.焼きあがった後の天板の油を捨て、赤ワインを加えてこげをこそげ落とす。
2.①の赤ワインを焼いてあった野菜とともに小鍋に入れて約半分になるまで煮詰る。
3.水とデミグラスソースを加え、塩コショウで味を整える。ざる等でこす。

さめても美味しいしホームパーティーにはもってこい。テンションあがるしね。翌日から食卓に並ぶサンドイッチがまた楽しみやねんなー。





     

お酒

2005.08.02(00:00)
ドライ

美味しい食事を楽しむ為にはお酒の事を忘れてはいけない。

僕もどちらかといえばお酒が好きなほうなんだが、我が家は嫁も娘も(当たり前か)飲まないので、最近お酒に対するこだわりが減ってきてしまったようだ。いかんいかん。

という事で最近の我が家の食卓にのぼるのは「第3のビール」ばっかり。独身時代は「ドライ以外絶対に飲まない」って絶対思っていたのになー。

まぁ平日は「第3のビール」で我慢するとしてこれから週末くらいは色々なお酒を楽しんで行きたいと思います。





     

| ホームへ |
プロフィール

つじ

Author:つじ
めざせケンタロウ!グッチ裕三!キム兄!

ブログ内検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。