スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




     

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

野菜スティック

2005.10.31(00:00)
野菜スティック

料理と言えるかどうかは少々疑問ですが野菜スティックです。

ホームパーティーなんかすると、最初のうちはやれ塊の肉だ、やれ揚げ物だと派手めな食べ物ばかりが人気になる。当然そうじゃないと作り手冥利に尽きなくて困るんやけど。

けどダラダラ飲んでいるうちに小腹もふくれ、だいぶ酔いもまわってきた後半戦にはこういうシンプルな食べ物についつい手が出てしまう。そんなウサギとカメの話みたいな一品じゃないんかな?野菜スティックって。

けど野菜を切ってだすだけだったらちょっと味気ないのでジャージャー麺の時に作った肉みそを付けていただく事にしました。ピリ辛第2弾です。
 
他にもマリネとかピクルスとか、和食でいったら漬物とか・・・こういうパーティーの縁の下の力持ち的なメニューってレパートリーほとんどない。覚えていかなあかんなー。

野菜スティック

■材料■

きゅうり・・・適量
にんじん・・・適量
セロリ・・・適量
大根・・・適量

肉みその作り方はこちらを参照ください。

■作り方■

1.野菜をスティック型に切る。
2.肉みそを添える。

切った野菜を水につけてたら知らない間に曲がっていました。なんでだろ?けど、おかげで躍動感たっぷりな野菜スティックになりました。

スポンサーサイト




     

タコの中華風サラダ

2005.10.30(00:00)
たこのサラダ

ホームパーティーも無事終わり祭りの後。しかし料理の写真撮るの全く忘れていました。はい、後の祭り。

痛恨は痛恨なんですが、ホームパーティ最中に自分の作った料理をバチバチ写真に撮るのもなんか料理ナルシストな感じなのでまぁ良しとしましょう。

取り合えず、写真に取れるくらい残った物を盛り付けなおしていくつかブログに書こうと思います。しばらく残り物が続きそうなので、そうしないとネタがありません・・・
 
まずはサラダ。よく考えたらブログ初登場です。

別にサラダが嫌いで食べていないわけではないんやけど、いつも作るサラダと言えば冷蔵庫にある野菜に、オリーブオイル、ワインビネガー、塩、コショウを適当にかけるだけ。そりゃレシピにかけるはずない。シンプルでおいしいねんけどね。

という事で少しでも中華っぽいサラダという事で豆板醤を使ったピリ辛サラダです。

ピリ辛系の料理ってホームパーティーなんかにはやはりはずせませんよね。お酒もすすむし。今回は子供が3人いたのでサラダをピリ辛に。子供はどうせ肉ばかり食べて野菜は食べないだろうという僕の若い頃の経験に基づいた作戦です。どうなるピリ辛作戦?

タコの中華風サラダ

■材料■

タコ・・・1パック
大根・・・8cm
にんじん・・・8cm
きゅうり・・・2本
白ネギ・・・1本
水菜(サラダ用の柔らかい物)・・・1/2把

<ドレッシング>
豆板醤・・・小さじ1
すりゴマ・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2
ごま油・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ2
酢・・・大さじ2
サラダ油・・・40cc 

■作り方■

1.タコは薄いそぎ切りにする。
2.大根、にんじん、きゅうりを細い千切り、白ネギは芯を取って斜めに細く、水菜は4~5cmの長さに切る。
3.切った野菜を氷水にいれ混ぜ合わせておく。
4.ドレッシングを作る。ボウルにドレッシングの材料を入れ、よく混ぜておく。 5.①のタコをドレッシングの中に入れてあえる。
6.野菜の水気を切って⑤にまぜる。

コウタロー君(小学2年生男子)は手羽先の唐揚げを1人で15個位食べてました。ピリ辛作戦大成功。





     

ホームパーティー

2005.10.29(00:00)
ホームパーティー

ホームパーティ当日。一番の懸念事項であった早起きに見事成功しました。余裕をみせてブログの更新なんかしたりして。本当はこんな事してる場合じゃない?

結局総勢10人と今までもてなした事のない人数になってしまった為、丸椅子を買いに行ったりだとか、そろいのお皿を買いに行ったりだとかで意外と大変でした。

1番心配なのはテーブル。我が家の小さいテーブルに10人座るのってどう見ても相当きつそうなんですけど・・・まぁ社内のスキンシップをはかる為にもギュウギュウ詰めになりながらテーブルを囲むのもいいかなって。 

とにかく1時から始まる宴の為に今からセッセと料理をはじめます。





     

豚の角煮

2005.10.23(00:00)
豚の角煮

豚の角煮といえば、ツジウラ家を代表するもてなし料理のうちのひとつ。というより僕自身が実家に帰るたびに角煮でもてなされていた気がする。本当に大好物。

実は自分で作ったのは本当に久しぶり。なぜか凄く手間がかかってめんどくさいイメージがあって。

だから実家で角煮が食卓にならぶ度に、息子の帰省を喜んで手間を惜しまず作ってくれているんだなぁ・・・って。そんな事考えながら感動で少し涙ぐんで食べていたんですが、圧力鍋使うとこんなに簡単に出来るんですね。もしかしてキヨ子手抜き?「角煮だしときゃ文句いわんやろ」なんて思ってたりして。

まぁ美味しいからどうでもいいねんけどね。

というわけで角煮が気軽に作れるのも圧力鍋のおかげです。買って良かったなー。今思えば圧力鍋が無くてもそんなにめんどくさく無いような気もしますが・・・

なにわともあれ豚の角煮。もちろんトロトロ煮卵も忘れずに。 

煮卵
 
若干トロトロ不足?

豚の角煮

■材料(4人分)■

豚バラ塊肉・・・700g
白ネギ・・・1本
しょうが・・・1かけ

<調味料A>
酒・・・100cc
はちみつ・・・大さじ2
砂糖・・・30g
しょうゆ・・・100cc
水・・・600c

水溶きかたくり粉・・・適量
サラダ油・・・大さじ1

<付け合せ>
卵・・・4個
ほうれん草・・・1把
塩・・・適量
サラダ油・・・適量

■作り方■

1.豚肉を3~4cm幅に切り、沸騰したたっぷりのお湯で1分程煮てあくを抜く。
2.圧力鍋に①の肉とAの調味料、3~4cmにぶつ切りにしたねぎと皮付きのまま3mmにスライスしたしょうがを入れて火にかける。圧力がかかってから20分弱火にかける。
3.ゆで卵を作る。沸騰してから4分程度ゆでて皮をむいておく。
4.鍋の圧が下がり蓋が開けられう状態になったら煮汁を小鍋等に取りゆで卵をつけておく。※冷めたらビニール袋等に入れておくとまんべんなくつかります。
5.圧力鍋に蓋をし再度加熱する。圧力がかかってから10分弱火にかける。
6.たっぷりのお湯に塩、サラダ油を少々入れほうれん草をゆでておく。
7.⑤の煮汁を1カップ分ほど鍋に残し煮詰めて水溶きかたくり粉で軽くとろみを付ける。サラダ油を大さじ1加えつやをだす。ほうれん草を入れてからませる。
8.皿に肉、卵、ほうれん草を入れ煮汁をまわしかける。
 
煮卵は上の写真よりレシピでは茹で時間1分少なくしています。お好みで調整して下さい。

ちなみに残った煮汁は手羽先や里芋、ジャガイモ煮たり、野菜炒めに絡めたり、ラーメン、鍋のスープに使ったり出来ます。





     

角煮バーガー

2005.10.23(00:00)
角煮バーガー

中国三千年の歴史には本当に驚かされっぱなしだ。

というわけですっかり小麦粉ブームの今日この頃。今回は圧力鍋で作った豚の角煮と一緒に食べる小麦粉料理に挑戦しました。

実は、饅頭(マントウ)と呼んでいいのか、中華バンズと呼べばいいのか・・・正式名称は良くわからないんだけど要するに肉まんの皮の部分。それに角煮をはさむと・・・角煮バーガーの完成です。最近はコンビニとかでおなじみですね。マクドナルドでもあったかな?

すっかりウー・ウェンさんの回し者みたいになっているんですが、これは本当にお勧め。肉まんとかだったら包むの難しいかもしれないけど伸ばして2つ折するだけ。誰でも簡単に作れます。

写真は撮り忘れたんですが煮卵を角煮バーガーと一緒にはさんで、角たまバーガーにしても最高でした。しかし角たまバーガーって、マクドナルド風のネーミングですね。商品化いける?

というわけで小麦粉料理に興味のあるみなさん。今すぐ本屋へゴー!

角煮バーガー

豚の角煮の作り方はこちらをご覧ください。

■材料(6個分)■

薄力粉・・・200g
ドライイースト・・・小さじ1
グラニュー糖・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ
サラダ油・・・大さじ1
ぬるま湯・・・100ml

■作り方■ 

1.ボールに薄力粉、ドライイースト、グラニュー糖、塩を加え箸で混ぜ合わせる。ぬるま湯を3~4回に分けて加えその度に混ぜる。
2.生地がある程度まとまりだしてきたら手でこねる。しばらくこね生地がひとつにまとまったら、サラダ油を加え麺台でよくこねる。
3.生地がなめらかになったら丸く形を整えボールに戻す。ぬれ布巾をかけ室温で30分~1時間おき2倍くらいの大きさになるまで1次発酵させる。
4.生地を麺台にだし細長い棒状にのばし6等分する。それぞれを円形にのばし表面にサラダ油を塗って二つ折りにする。小さく切ったクッキングシートにのせて、蒸し器の中やボールをかぶせたりして20~30分程度2次発酵させる。
5.蒸し器で15分蒸す。
6.角煮とほうれん草をはさんで食べる。  

一応レシピは書きましたが読んでもよくわかりませんね。是非ウー・ウェンさんの本をご参考ください。あなたもきっと小麦粉料理の魅力に首ったけです。

ちなみにこのバンズ形に成形する方法はのっていませんが上記のとおり適当に成形してください。 

ちなみに蒸しあがりはこんな感じ。

中華バンズ

ツジウラ家では角煮の時の定番になる事間違いなしです。今度キヨ子に披露してやろう。

ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー・ウェンの北京小麦粉料理

※このレシピはウー・ウェンさんのレシピを参考にしています。





     

圧力鍋

2005.10.22(00:00)
圧力鍋

本日、ホームセンターで買い物中に思わず衝動買いしてしまいました。4480円。

で、圧力鍋で作る料理と言えば絶対にはずせないのが、豚の角煮。もちろんどうしても豚の角煮が作りたくなってしまった為、来週のホームパーティーのメニュー大幅変更する事になりました。

今日買った圧力鍋と流行の小麦粉料理。角煮と中華マントウで角煮バーガーをメインに中華っぽいメニューを作ることに。変更しすぎ?

という事で次のようなメニューに決定です。
 
バンバンジー
たこの中華風サラダ
スープ餃子
手羽先の唐揚げ
洋風春巻き
鯛の塩釜焼
豚の角煮
マントウ
海鮮焼そば
中華ちまき
タピオカ

今日、明日で練習です。上手に出来るかな?





     

広島フードフェスティバル

2005.10.17(00:00)
フードフェスティバル

どこまでも澄み渡る青空の下、広島フードフェスティバルが開催されました。広島県下の市町村が各地の名産品を持ち寄り屋台を出すというイベント。まぁ僕は客として普通に参加しただけなんですが。フードフェスティバル。食べ物祭りです。

しかし広島に引越してきて6年目。全くこんなイベントがあるなんて知りませんでした。結構有名なイベントみたいやのに。食いしん坊の名がすたるなぁ・・・

という事でビール片手に会場内を練り歩きました。

焼牡蠣

まずはベタに焼牡蠣。そろそろ冬やねー。ビール1杯。

モモ焼

広島牛のモモの丸焼き。作っている風景にやられました。ビジュアル系料理。ちなみに作っているのはこんな感じ。

焼中

ケバブ?既にビール3杯。

カキフライ

ベタにカキフライ。4杯目。

広島菜のおにぎり

締めくくりは広島菜でくるんだおにぎり。娘が取り付かれたように食べてました。

という訳で、新たな広島の味に出会えるかと思いましたが結局はベタなものばかり選んでしましました。来年をお楽しみにって感じですね。

しかし幸い天気も良かったので季節はずれの日焼けで鼻のてっぺんが非常に痛いです。皮剥けたらいややなぁ・・・





     

じゃがいもとパスタのトマト煮

2005.10.16(00:00)
ジャガイモパスタ

今月末に会社の人達を家に招きホームパーティを開く事になりました。

今年で3回目を向かえ毎年恒例になってきたホームパーティ。1年間の成果を発表する機会という事で否が応でも気合が入ってしまいます。雰囲気ピアノの発表会。

という事で残された週末は2回。自信のないメニューは特訓です。

今のところこんな感じを予定。

前菜系 牛肉のタタキ、たこのマリネ
サラダ 未定やけど豆のサラダ?
揚げ物 洋風春巻き
魚料理 アクアパッツァ
肉料理 ラムのオーブン焼きか豚の塊を煮込んだもの
その他 かぼちゃのグラタン、ジャガイモとパスタのトマト煮

最近作ったことない物、初めて作るものが結構多い。楽しみやなぁ。

で今回練習したのがジャガイモとパスタのトマト煮です。トマト系の煮込み料理。いつもだったらラタトーユを作る場合が多いのですが前回上司の家で行われたホームパーティに持っていった為、今回はパス。

実は作るの2回目。前回作ったときもあまり覚えておりません。美味しかったかどうかも・・・ちなみに原型は新聞で見つけたレシピです。大丈夫かな?

じゃがいもとパスタのトマト煮 

■材料■ 

じゃがいも・・・2個
たまねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
ベーコン・・・2枚
バジル・・・2枝
ホールトマト・・・1缶
ローリエ・・・1枚
ショートパスタ・・・100g ※今回はリガトーニを使用
オリーブ油
水・・・3カップ
チキンコンソメ・・・大さじ1/2

コショウ
パルメザンチーズ 

■作り方■

1.じゃがいもは1cm角に切り水にさらしておく。たまねぎは薄切り、にんにくみじん切り、ベーコンは細切り、バジルは半量をみじん切りにする。ホールトマトは粗くつぶしておく。
2.鍋にオリーブ油を熱しにんにくを弱火で炒る。香りがでたらベーコン、じゃがいも、たまねぎを1-2分いためてからホールトマト、水、チキンコンソメ、ローリエを加え煮る。
3.煮立ったらアクをとり、バジルとパスタを加えて蓋をし中火で13-14分煮る。※パスタの茹で時間による。
4.塩、コショウで味を整えて器に盛りパルメザンチーズをふり、残りのバジルをのせる。 
 
ショートパスタの茹で加減良くわからん。トマトの煮込み系は最初に出して出しっぱなしにしておくのでやっぱりパスタは不向きかな?

また宿題が増えた。どうしよー。





     

焼きなす

2005.10.15(00:00)
焼きなす

秋の味覚って何があるんだろう?と思って調べてみた。

秋刀魚、鮭、新米、新そば、マツタケ、キノコ類、栗、ブドウ、柿などの果物・・・とまぁ色々ある。うかうかしてると食べ忘れてしまいそーだ。

ちなみに食べ済みなのは秋刀魚、マツタケを除くキノコ類、ブドウだけ。冬まで時間がない。やばいぞ。

そんな中、嫁の実家からなす、サツマイモ、栗・・・秋の野菜色々送っていただきました。渡りに船。ありがとうございます。

「秋茄子は嫁に食わすな」といいますが送ってもらってそんないけず出来るはずもなく、家族みんなで美味しく頂きました。次は栗ご飯やなぁ。
 
焼きなす ■材料■

なす・・・4個
しょうが・・・適量
かつお節・・・適量
だししょうゆ・・・適量

■作り方■

1.なすはへたの周りに一周切れ目をいれ縦にも切れ目を入れておく。※写真はへた紛失しています。
2.コンロの上に網をおき強火で皮が真っ黒になり、なすがやわらかくるまで焼く。
3.焼きたての熱いのを我慢しながら皮をむく。
4.しょうが、かつお節をかけ、だししょうゆ(しょうゆ)をかけて食べる。

よく冷水に取り皮をむくというレシピを見ますが、ツジウラ家では水にはつけず熱いのを我慢しながら皮を剥く事になっています。理由はよくわかりません。

熱いのを我慢する事で、忍耐強さを身につける為だろうか?





     

手羽先の唐揚げ

2005.10.12(00:00)
手羽先の唐揚げ

今夜は揚げ物。いい感じにテンション30%アップです。

僕が揚げ物が大好きなのは前述前前述、そして前前前述のとおりなんですが、その中でも鶏肉をあげたもの及びその派生商品には全く目がありません。唐揚げ、フライドチキン、チキンナゲット、鶏天、龍田揚げ、チキン南蛮、チキンカツ、ユウリンチイ・・・日本だけでなく、世界各国で愛されている鶏肉揚げ料理。あー最高だ。地球に生まれてよかった。

で手羽先。手羽先と言えば「世界のやまちゃん」やね。「世界のやまちゃん」。さすが鶏肉、スケールが大きいねぇ、実は食べた事ないんやけど・・・

しかし「世界のやまちゃんには」かなわなくても「我が家のつじちゃん」もまんざら捨てたもんでもない。キヨ子直伝レシピなのでキヨちゃんっていう説もあるな。「ツジウラ家のキヨちゃん。」そのまんまか・・・いや、全然そのまんまちゃうな。

とまぁ鶏肉を揚げた料理が美味しいのは万国共通という事で。

ちなみに実は写真が左半分なのは、写真撮るのも忘れてがっついてしまったからです・・・ってどんだけ腹へってるねん!その証拠に写真の肉も右に行けば行くほど密度がどんどん薄く・・・薄く・・・

まぁテンション3割増しやしね。しゃーない、しゃーない。

手羽先の唐揚げ
 
■材料■

手羽先・・・食べたいだけ
セロリの葉・・・1本分位~
しょうゆ・・・適量
片栗粉・・・適量

■作り方■

1.手羽先は先の部分を間接から切り落としておく。
2.鍋に手羽先をいれひたひたの水、セロリの葉を入れ50分位茹でる。
3.手羽先を鍋から取り出し、しょうゆの入ったボールに入れに浸しておく。
4.片栗粉をつけ揚げる。

相当下茹でをしてあるので油も落ちてあっさり、揚げてる時も火がとおってるかどうかの心配もなし。見た目が美味しそうな色になったら完成です。

残った茹で汁は油がギトギトなのでさすがにスープなんかには使えませんがカレーを作るときなんかに水の代わりに入れると美味しさアップです。 

やるな、キヨちゃん!





     

ジャージャー麺

2005.10.11(00:00)
ジャージャー麺

感動した。

料理を一口食べた瞬間こんなに感動した事って本当に久しぶりだと思う。ビールを飲むのも忘れてむさぼり食う。それぐらい美味い自家製麺。ありがとう、ウー・ウェン。さすが、中国三千年の歴史。買ってよかった麺棒、麺台。

麺はいわゆるラーメンのような中華麺ではなくうどんのような感じ。北京の麺は全部こんな感じなんだろうか?もし肉みそだけ作るとしたら中華麺にのせるのではなく細めの乾うどんで食べるのが良いのではないかなーって思います。もちろん断然手作り麺がお勧めですけど。

ちなみに私、以前高松へうどんツアーに行った際中野うどん学校を主席で卒業しました。もしかして麺作りの才能あり?

しかし写真では肉みそときゅうりに隠れて自慢の麺が全然見えない。で肉みそが飛び散る位に豪快に混ぜた後はこちら。

混ぜたジャージャー麺

どう見ても太さマチマチなんですが、そんな事関係なく問答無用に美味い!ってあんまり美味しそうに写ってませんね・・・

ジャージャー麺
 
■材料(4人分)■ 

<麺>
強力粉・・・200g
水・・・80cc 

<肉みそ>
豚ミンチ・・・100g
みそ・・・100g
甜面醤・・・大さじ2
水・・・150cc
ショウガ・・・1かけ ※みじん切り大さじ1
白ネギ・・・10cm
赤唐辛子・・・2本~ 
酒・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ3

きゅうり・・・2本

■作り方■ 
 
1.麺を作る。強力粉と水をこねて作るんだけど・・・文字だけの説明では難しいのでウー・ウェンの北京小麦粉料理を是非購入のうえ参考にしてください。
2.肉みそのみそ、甜面醤、水を混ぜておく。
3.フライパンにサラダ油を熱し豚ミンチを中火で炒める。色が変わったら荒くちぎった唐辛子、ショウガのみじん切り、ネギのみじん切りを加えて炒める。
4.酒を加えて、②の合わせ調味料を加える。焦げないように良く混ぜながら5~6分炒める。
5.きゅうりを細切りにする。
6.茹でた麺を流水で冷やし、水を切って器にもりきゅうりの肉みそをのせる。良く混ぜて食べる。 

生地は相当固めなのでこねるの結構しんどかったです。明日は筋肉痛になるんじゃないかという位。夫が麺をつくっている間に嫁が肉みそを作る。これが理想的な夫婦の姿ではないかと。ちなみに我が家は両方僕が作りました・・・

ちなみにウー・ウェンさんの本ではきゅうりではなく枝豆をのせてました。付け合せの野菜はいんげん豆や豆もやしキャベツを茹でて水気を絞った物・・・なんでもいいみたいです。

という事は残った肉みそを温野菜と一緒に食べるのも美味しいと言う事。明日の夕食は温野菜の肉みそ和えに決定です。それとももう一回麺いっとく?

ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー・ウェンの北京小麦粉料理

※このレシピはウー・ウェンさんのレシピを参考にしています。





     

豚ロース肉のマスタードソース

2005.10.10(00:00)
豚ロースのマスタードソース

長かった1週間も終わり、ついに嫁と娘が帰ってきました。 

少しでも早く会いたいと広島駅まで車で迎えに行き、ついに念願の再会。嬉しさのあまり娘を抱きかかえると怖がって表情を硬直させ思わず泣き出してしまう。へこんで涙目になる僕。その光景を見ながら涙を流しながら爆笑する嫁。まさに涙の再会でした。

それにしても1週間で父親の事忘れてしまったんだろうか?ひどい奴だ。

で久しぶりの家族の為に作る夕食という事で気合入れて作りたかったんですが、帰宅後夕食の時間まであまりないという事でパスタとサラダと簡単に作れる肉料理でささやかな晩餐。子供の事を全く考えず、粒マスタードを使ってちょっとピリッとするソースを作りました。

ワインを開け久々に家族そろって乾杯。その後の嫁の第一声が「これ肉の置き方反対とちゃう?」

写真のとおり肉の置き方が上下反対で、ソースをかけると非常にバランス悪くなっていますが・・・今言わんでもなぁ・・・

豚ロース肉のマスタードソース

■材料■

豚ロース・・・4枚
白ワイン・・・50cc

コショウ
小麦粉

<マスタードソース>
たまねぎ・・・中1個
バター・・・20g
生クリーム・・・100cc
牛乳・・・100cc
粒マスタード・・・大さじ2
チキンコンソメ・・・小さじ2

コショウ

■作り方■

1.豚肉はすじ切りし軽く叩く。塩、コショウをして軽く小麦粉をつける。
2.マスタードソースを作るたまねぎの薄切りをバターで焦がさないようによく炒め、生クリーム、牛乳、マスタード、コンソメを入れて一煮立ちさせる。塩コショウで味を整える。
3.フライパンにサラダ油を入れ豚肉を焼く。両面きれいな焼き色がついたら白ワインを入れる。蓋をして中火にし蒸し焼きにする。
4.肉を皿にのせ、マスタードソースをかける。

1週間の感想。単身赴任は出来そうにありません・・・





     

お好み焼き

2005.10.09(00:00)
お好み焼き

今日はお好み焼きでんねん!

とついつい胡散臭い関西弁が出てしまうお好み焼き。好きやねん、お好み焼き。

本来であれば記念すべき小麦粉料理第一弾!のはずだったんですが・・・まぁ小麦粉料理には違いないんですけど。

そんなお好み焼き、やはり大阪を代表する食べ物だけあって色々思い出もある。

小学校くらいの時は兄弟3人で誰が1番上手にひっくり返せるかの競争になる。たまに失敗してしまい無残に砕け散ったお好み焼きを食べなければいけない時なんかはものすごく切ない気持ちになったものだ。

高校の時も自分で焼くタイプのお好み焼き屋ではひっくり返す時になったら妙な緊張感が漂う。万が一失敗でもしようものなら大ブーイング、総スカン。翌日から学校には行けなくなってしまう位。

昔つきあっていた彼女とも良くお好み焼きを食べに行ったものだ。ファーストキスはソース味。その後、微笑む彼女の歯にベッタリとついている青のり。興ざめだったなぁ・・・

そんな競争や、プレッシャー、厳しい現実・・・色々な事を経験し乗り越えながら人は大人になって行く。ちなみにファーストキスの話は捏造ですけど。

娘もこのお好み焼きを食べながら成長していくんだなぁって思ったら少々感傷的に、娘の結婚式の事なんか想像したりして・・・ちなみに絶対嫁にはやりません!

お好み焼き

■材料(4枚分)■

<生地>
小麦粉・・・160g
山芋・・・80g
だし・・・160cc
ベーキングパウダー・・・小さじ2
塩・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ2

<具> 
豚バラ肉・・・160g (40g)
キャベツ・・・400g (100g)
天カス・・・大さじ8 (大さじ2)
紅しょうが・・・小さじ8 (小さじ2)
卵・・・4個 (1個)
※カッコ内は1枚あたりの分量

お好み焼きソース・・・適量
マヨネーズ・・・適量
あおのり・・・適量
かつお節・・・適量
 
■作り方■

1.小麦粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖はふるってボールに入れておく。十分に冷ましただし、すりおろした山芋と混ぜる。※混ぜてから2時間くらい置いておくと良い。
2.具は1枚ずつ混ぜる。小さめのボールに1人分のキャベツ、天カス、紅しょうがを入れお好み焼きの①の生地を100g入れ30秒ほど混ぜる。
3.②に卵を1個割りいれ15秒程度混ぜる。
4.220℃に熱したホットプレートに油を引き生地を③の生地をのせる。2cm程の厚さに形を整え豚バラ肉を上にのせる。
5.4分焼いたら裏がえして5分焼き、再度ひっくり返して3分焼く。焼いている最中は絶対に生地を押さえない。
6.ソースを塗り、お好みでマヨネーズ、あおのり、かつお節をかける。 
 
今回はシンプルに豚玉(豚肉のみ)です。お好みでイカ、むきエビ等を入れて、そばを入れてモダン焼きにしても邪道にもちチーズ等もあり。

関西出身で現在広島に住んでいるので、関西風と広島風のお好み焼きどっちが好き?と聞かれることがあるんですが、ちなみにどっちも好きです。





     

麺棒と麺台

2005.10.08(00:00)
麺棒、麺台

小麦粉料理をはじめる事にした。

きっかけは一冊の本。ウー・ウェンの北京小麦粉料理。麺、ギョーザ、ワンタン、肉まん・・・色々作れるようになる予定です。

お好み焼きをおかずにライスを食べると言われる程デンプンが大好きな関西人。そんなメリケン粉文化の影響を若干受けている奈良県出身なので小麦粉料理と言われたら黙ってはおけない。ちなみに僕はお好み焼きと一緒にライスは食べませんが・・・

そう決めたら物欲がメラメラわいてくるのが悪い癖。で気づいた時には麺棒と麺台購入済でした。と言ってもあわせて2000円もかかっていませんが。

ちなみに現在住んでいる広島にはチャーハンを始めどんなどんぶり物にもサービスでライスが出てくる中華料理屋があります。チャーハンをおかずにライスを食べる・・・広島人も相当デンプン好きやなぁー。

ケーキ麺台 木製 45cm
ケーキ麺台 木製 45cm
 
ケーキ麺棒 木製 45cm
ケーキ麺棒 木製 45cm

嫁の留守中の衝動買いの為、とりあえず一番安い物にしておきました。両方とも本当はケーキ用となっているのですが・・・麺台はホームセンターで売ってる木じゃだめなの?って感じの物、麺棒は生地をのばすだけでなくチャンバラごっこ、野球やゴルフの素振りにも使える優れものです。

ウー・ウェンさんの本はこれ。







     

バターコーン

2005.10.06(00:00)
バターコーン
 
今日は夕食と言うかつまみです。バターコーン。
 
何年ぶりに作ったんだろ。というか何年ぶりに食べたんだろう。懐かしいなぁバターコーン。

僕の中では、たまーに懐かしくなってほんの少し食べたくなるけど、結局作らない料理の代表作です。というかもしかしたら初めて作ったかもしれない位。よくわからん。

あまりの懐かしさに久々に家で本気飲みしてしまいました。

飲酒が法的に問題がある位若かった頃、チェーン店風の居酒屋でいつも頼んでいた気がする。青春の味バターコーン。当然ウーロン茶を飲みながらね。

いやぁ、全く、飲みすぎたもんだ。

バターコーン

■材料■

ホールコーン・・・120g(適当)
ベーコン・・・1枚
バター・・・大さじ1
塩・・・適当
コショウ・・・適当

■作り方■

1.細切りしたベーコンをカリッとするくらいまでフライパンで炒める。
2.バターとコーンをいれ炒める。
3.塩コショウで味を整える。

相当酔っ払ってます。適当です。ウコン飲んで寝ます。





     

鶏胸肉のチンジャオロース

2005.10.05(00:00)
チンジャオロース

誰に言われたか忘れたけど、男の料理ってお金の事考えずに使いたい食材全部買って作るから美味しくできて当たり前と言われた事があります。100%そうではないと思いますが、まぁそういう一面もあるかなって。

週末に張り切って「今日はごちそう作ろう!」って言うときはそれで良いかもしれないけどやっぱり毎日そういうわけにはいかへんしね。冷蔵庫の中にある物を組み合わせて美味しい料理を作る事って本当に難しいと思います。今週は幸か不幸か嫁が帰省の為、家にいないのでその苦労骨身に染みて感じます。いつもありがとう嫁様。

で今日は平日ならではの家計にやさしい(?)料理。

大好きな肉料理も、値段の面からいうと牛肉より豚肉。豚肉より鶏肉。鶏肉でももも肉より胸肉で美味しいもの作れた方がちょっと嬉しいのかな?

そこで吉報。先日買ったウー・ウェンさんの料理本によりますと普通牛肉を使って作るチンジャオロース。実は「チンジャオ=ピーマン」、「ロース=千切りにした肉」という事で肉は何でもいいとの事。そこで紹介されているのが鶏胸肉を使ったチンジャオロース。全くもって家計にやさしいねー。

個人的には値段に関係なく鶏肉が大好きなので、味的にもあっさりしていて非常に美味しいです。やるなウー・ウェン。

ちなみに牛肉を使ったチンジャオロースは正式にはチンジャオニューロースと言うそうです。さすが牛肉、ニュータイプみたいでかっこいいな。

鶏胸肉のチンジャオロース
 
■材料■

鶏胸肉・・・1枚
ピーマン・・・5個

<下味>
コショウ・・・少々
酒・・・大さじ1
豆板醤・・・小さじ1/2
片栗粉・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ1/2

<合わせ調味料>
オイスターソース・・・小さじ2
しょうゆ・・・大さじ1/2
酒・・・大さじ1
片栗粉・・・小さじ1

■作り方■

1.鶏肉を繊維に沿って5mm幅で薄切りにしてから5mm幅の千切りにし下味の調味料をよくもみ込む。 
2.ピーマンを縦に千切りにする。
3.中華鍋に油を入れ②の肉を炒める。色が変わったらピーマンをいれしんなりしたら合わせ調味料をいれ炒める。 

鶏肉を繊維にそって切る事の重要性を再認識できる一品です。肉体改造中の方に是非お勧め!

しかし家計にやさしい、家計にやさしいって連発していると自分の給料がそんなに少ないのかって少しブルーになりますね・・・

ウー・ウェンのおいしいよ!うちのご飯
ウー・ウェンのおいしいよ!うちのご飯
 
※このレシピはウー・ウェンさんのレシピを参考にしています。





     

ペッパーミル

2005.10.03(00:00)
ペッパーミル

写真うつりの関係でものすごくダークサイドな感じになっていますが優れもの。ウサギちゃんペッパーミル。名前は可愛いです。

何が優れものかというと見た目が愛くるしいとかじゃなくて片手でガリガリ挽けるという事。

見た目は木製の両手でガリガリ回す奴が断然かっこいいんだけど、やはり料理中は片手で挽けたほうが断然便利。ケンタロウ氏も形は違えど片手で挽けるやつを愛用しているようです。

ケンタロウ氏曰く「ふつうのミルは両手を使わなきゃならないけれど、これだとハンバーグを手で混ぜている途中でもガリガリできるというわけなのだ」例えが上手やねー。

木製のペッパーミルは小型のプジョー製のが食卓用として活躍中です。

プジョーのペッパーミル

こいつも悪そうに写ってるなぁ・・・悪魔風ペッパーミルやね、コショウだけに。

chef’n(シェフィン)ペパーボール7CPCB

ウサギちゃんペッパーミルではなく正式にはchef’n(シェフィン)ペパーボールと言うそうです。という事はウサギちゃんって自分で名づけたみたいですね、恥ずかしい、恥ずかしい。

他にも ソルトミルも、小さいのもあるようです。







     

コーンと卵のスープ

2005.10.02(00:00)
卵とコーンのスープ

夏場は冷製スープで涼しげに、冬場はあったかスープで体の芯から温まる。旬の食材を使った四季折々のスープ。いやぁスープって本当に凄いですね。

けど実は僕はあんまりスープのレパートリー多くないんです。っていうよりほとんどない。「スープ飲むくらいやったらお酒飲むわ」みたいな所が昔はありまして。

従って出てくるスープはいつもワンパターン。中華の時はほとんどこのスープです。何がいいってめちゃめちゃ簡単な事。「湯が沸く時間=調理時間」といってもいい位。

ちなみに洋風の時はコンソメ顆粒、たまねぎ、ベーコンのスープがほとんどです。ファミレスみたい。

と僕は手抜きばかりしてるんやけど、しっかり手間ひまかけて作ったら美味しくなるねんなぁスープ。スープに限らんやろうけど。

思い出のスープ。母キヨ子が作ってくれたコンソメスープ。美味しかったなぁ。きれいに澄んだ金色やった。作り方は良く知らないんやけど、寸胴鍋にいろんな材料と卵白を入れて火にかけると、卵白がアクを全部集めてしまうので出来上がりのスープは美しく澄んだ金色になるらしい。何世紀に出来たか知らんけど、世紀の大発明やなぁ卵白。

これからはそんな記憶に残るようなスープを作っていかなだめやね。たまにわね。

ちなみにこの手抜きのコーンと卵のスープも母キヨ子直伝です。そういえばコンソメスープも10年以上見たことないぞ??

コーンと卵のスープ
 
■材料(4人分)■

ホールコーン・・・120g
卵・・・4個
水・・・800cc
酒・・・大さじ1
鶏がらスープの素・・・大さじ1 
ごま油・・・適量
塩・・・適量
コショウ・・・適量

■作り方■
 
1.鍋に水、鶏がらスープの素、酒を入れて火にかけ沸騰したらホールコーンを入れる。
2.塩で味を整えて、ときほぐした卵を回し入れる。ごま油を入れ、お好みでコショウをする。

少し悲観的になりましたが美味しいですよ。





     

目玉焼き丼

2005.10.01(00:00)
目玉焼き丼

悲しいお知らせ。

昨日から嫁が子供を連れて実家に帰ってしまいました・・・と言っても喧嘩して出て行ったわけじゃないですよ。

大阪で2週連続友人の結婚式があるので行って帰ってまた行っても面倒なので、その間ずっと実家にいるわけです。しかし自分の為だけに作る料理というのは、どうも気合がはいらないなー。という事で昨晩も冷蔵庫をほじくり返して一人で晩酌。飲み過ぎた。

今朝は案の定寝坊した為、朝ごはんは冷凍ご飯をチンして目玉焼き丼にしました。手抜きやなー。

しかし侮る無かれ、ごはんと卵のハーモニー。熱々のご飯にネットリと絡む濃厚な黄身。白身、海苔、しょうゆの三位一体・・・

美味しそうな表現を色々考えたけど思いつかなかったので諦めました。百聞は一見にしかず。みんな知ってると思うし・・・これってメジャーな食べ方ですよね?

目玉焼き丼
 
■材料■
 
ごはん・・・1杯
卵・・・1個
味付け海苔・・・適量
しょうゆ・・・適量 ※だししょうゆでも旨い
塩・・・適量
コショウ・・・適量

■作り方■

1.目玉焼きを焼く。固目が好きという人も我慢して超半熟で。
2.ご飯を器に盛り味付け海苔をちぎってのせ、目玉焼きをのせる。
3.しょうゆ(またはだししょうゆ)をかける。

カメラも持って行かれた・・・それ以前に海苔ののせ方が悲惨・・・

ところで今月末に日本たまごかけごはんシンポジウムというのが島根県で行われるそうです。そういえばたまごかけごはん、目玉焼き丼を覚えてからほとんど食べた事ない。今度作ってみよう。明日?





     

| ホームへ |
プロフィール

つじ

Author:つじ
めざせケンタロウ!グッチ裕三!キム兄!

ブログ内検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。