FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




     

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ビーフシチュー

2005.12.25(00:00)
ビーフシチュー

ビーフシチュー。ベタですが記念すべき05年クリスマス料理のメイン料理です。

野菜なしで肉だけを煮込むタイプのシチューかオックステールシチューを作ろうかなとも思ったんですが、ジャガイモ等入れた普通のビーフシチューにしました。母キヨ子のレシピです。

子供の頃、大きい鍋に入ったビーフシチューが弱火でコトコト煮込まれているのを見るとウキウキ興奮した事を覚えている。昼前から煮込んでいる時なんかは夜の為に少し昼ごはんを控えたりしてね。夕方前には腹ペコになってしまってお腹をグーグー鳴らしながら晩御飯になるのを今か今かと心待ちにしていた。もちろん大人になってもそのウキウキ感はかわらない。ビーフシチュー大好き。

今回は前日に一旦煮込んでおいて翌日に仕上げました。僕が勝手に「のこり物のカレーの法則」と呼んでいるこの方法。作った日より翌日に食べるカレーのほうがなぜか美味しい事に目をつけ、カレーだけでなくシチューやミートソースなどなど肉を煮込む時は前日に作って置くようにしています。作った当日に食べるより味にがまとまりが出る気がします。まぁ時間がある時だけですけどね。

鍋の中で一晩一緒にいる事でチームワークが目覚めるからだろうか?実は気のせい?などとずーっと不思議に思っていたんですが、以前「加熱している時は食材から旨みが出て行き、冷めていく時に食材に旨みが染みこむ」というのを聞いた事があるのでそれが原因かもしれません。肉だけでなく色々な野菜からでた旨みが一晩置いている間に具に染みこむ事でうまくなり一体感も出ると。まぁ難しい理屈はわからないけど都合がいいのでそう思うことにしています。

という事で我が家はビーフシチューを煮込まれているのを見ても翌日まで我慢しなければいけないというわけですね。辛い。

ちなみに今回のクリスマスディナーその他のメニューは真鯛のカルパッチョタコと大根のマリネタラモサラダハマグリのブルゴーニュ風でした。もう一品、魚料理のメインを作ればよかったなぁと思いましたがまぁ楽しいクリスマスでした。

次のイベントはツジウラ家勢ぞろいのお正月。おせち食うぞ!

ビーフシチュー

■材料(6人分)■

牛肉・・・800g ※すね肉、ばら肉等シチュー用のもの
小麦粉(強力粉)・・・大さじ5
赤ワイン・・・200cc
ホールトマト・・・200g
水・・・1000cc
デミグラスソース・・・1缶
ビーフコンソメ・・・大さじ2
バター・・・30g
生クリーム・・・適量
塩・・・適量
コショウ・・・適量

<炒め用野菜>
たまねぎ・・・1/2個
セロリ・・・1/2本
にんじん・・・1/2本
バター(炒め用)・・・大さじ1

<ブーケガルニ>
セロリ(葉つきのもの)・・・20cm
パセリの軸・・・3本
タイム・・・2本
ローリエ・・・1枚
※タコ糸でしばる

<具>
じゃがいも・・・4個
にんじん・・・1.5本 ※炒め用とあわせて2本
タマネギ・・・3.5個 ※炒め用とあわせて4個 
バター(炒め用)・・・大さじ1
※今回は具のタマネギは小タマネギを使ってみました。

■作り方■

1.煮込み鍋に炒め用のタマネギ、にんじん、セロリをみじん切りにして入れバターできつね色になるまでよく炒める。
2.肉を大き目の角切りにし塩コショウをたっぷりつける。小麦粉をまぶしておく。
3.フライパンにサラダ油を熱し強火で焼き焦げ目をつける。煮込み鍋にうつす。
4.③のフライパンに赤ワインを入れて焦げ目をこそげとり煮込み鍋にうつす。強火でワインを煮詰める。※フライパンに一旦入れるのは焼いたときに出た肉の旨みも一緒に煮込む為。
5.鍋にホールトマト、水、コンソメ、デミグラスソース、ブーケガルニを入れてアクを取りながら1時間半煮る。
6.ジャガイモ、にんじんはくし型に切り面取りしておく。タマネギは6等分のくし型に個に切っておく。
7.野菜をバターで炒め、ジャガイモ以外を鍋に入れて30~40分煮る。 ※一晩置くときはここでやめる。
8.じゃがいもを加えてやわらかくなるまで煮る。塩、コショウ、バターで味を整える。
9.器に盛り、生クリームをかける。

小タマネギがどうやら大きすぎたみたいです。中タマネギ位かな?あんまり美味しそうに写ってないなぁ・・・

ブーケガルニ

ベランダ菜園で取れたタイム、イタリアンパセリを使ったブーケガルニ。ブーケガルにってなんかかっこいいよなぁ。これ作るためにビーフシチューにしたという噂も・・・

しかしこうやってシチューとかを作るたびにルクレーゼが欲しくなってしまう。サンタさんくれないかな・・・
 
スポンサーサイト




     

<<真鯛のカルパッチョ | ホームへ | ハマグリのブルゴーニュ風>>

コメント











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://titigohan.blog49.fc2.com/tb.php/17-b379cbef
| ホームへ |
プロフィール

つじ

Author:つじ
めざせケンタロウ!グッチ裕三!キム兄!

ブログ内検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。