スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




     

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ジャージャー麺

2005.10.11(00:00)
ジャージャー麺

感動した。

料理を一口食べた瞬間こんなに感動した事って本当に久しぶりだと思う。ビールを飲むのも忘れてむさぼり食う。それぐらい美味い自家製麺。ありがとう、ウー・ウェン。さすが、中国三千年の歴史。買ってよかった麺棒、麺台。

麺はいわゆるラーメンのような中華麺ではなくうどんのような感じ。北京の麺は全部こんな感じなんだろうか?もし肉みそだけ作るとしたら中華麺にのせるのではなく細めの乾うどんで食べるのが良いのではないかなーって思います。もちろん断然手作り麺がお勧めですけど。

ちなみに私、以前高松へうどんツアーに行った際中野うどん学校を主席で卒業しました。もしかして麺作りの才能あり?

しかし写真では肉みそときゅうりに隠れて自慢の麺が全然見えない。で肉みそが飛び散る位に豪快に混ぜた後はこちら。

混ぜたジャージャー麺

どう見ても太さマチマチなんですが、そんな事関係なく問答無用に美味い!ってあんまり美味しそうに写ってませんね・・・

ジャージャー麺
 
■材料(4人分)■ 

<麺>
強力粉・・・200g
水・・・80cc 

<肉みそ>
豚ミンチ・・・100g
みそ・・・100g
甜面醤・・・大さじ2
水・・・150cc
ショウガ・・・1かけ ※みじん切り大さじ1
白ネギ・・・10cm
赤唐辛子・・・2本~ 
酒・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ3

きゅうり・・・2本

■作り方■ 
 
1.麺を作る。強力粉と水をこねて作るんだけど・・・文字だけの説明では難しいのでウー・ウェンの北京小麦粉料理を是非購入のうえ参考にしてください。
2.肉みそのみそ、甜面醤、水を混ぜておく。
3.フライパンにサラダ油を熱し豚ミンチを中火で炒める。色が変わったら荒くちぎった唐辛子、ショウガのみじん切り、ネギのみじん切りを加えて炒める。
4.酒を加えて、②の合わせ調味料を加える。焦げないように良く混ぜながら5~6分炒める。
5.きゅうりを細切りにする。
6.茹でた麺を流水で冷やし、水を切って器にもりきゅうりの肉みそをのせる。良く混ぜて食べる。 

生地は相当固めなのでこねるの結構しんどかったです。明日は筋肉痛になるんじゃないかという位。夫が麺をつくっている間に嫁が肉みそを作る。これが理想的な夫婦の姿ではないかと。ちなみに我が家は両方僕が作りました・・・

ちなみにウー・ウェンさんの本ではきゅうりではなく枝豆をのせてました。付け合せの野菜はいんげん豆や豆もやしキャベツを茹でて水気を絞った物・・・なんでもいいみたいです。

という事は残った肉みそを温野菜と一緒に食べるのも美味しいと言う事。明日の夕食は温野菜の肉みそ和えに決定です。それとももう一回麺いっとく?

ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー・ウェンの北京小麦粉料理

※このレシピはウー・ウェンさんのレシピを参考にしています。

スポンサーサイト




     

<<手羽先の唐揚げ | ホームへ | 豚ロース肉のマスタードソース>>

コメント











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://titigohan.blog49.fc2.com/tb.php/70-4896993e
| ホームへ |
プロフィール

つじ

Author:つじ
めざせケンタロウ!グッチ裕三!キム兄!

ブログ内検索

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。